中高年にもおすすめ!

中高年に差し掛かると、どんな人でも何かしらの健康に対する不安が多くなるかと思います。

近年特に多い【生活習慣病】は、それまでの生活習慣の積み重ねによっておこる病気ですので、
若いころは病気を発症するほどではなかったとしても、
年を重ねて病気にかかってしまうことが多いのです。

また、女性であっても男性であっても、外見の衰えは気になるものです。

女性の場合、更年期に差し掛かるとホルモンバランスが大きく変わりますので、
一気に老けたように感じる方も少なくありません。

ここでは、こういった美容・健康への中高年の悩みに対して青汁がどのように効果を発揮するのか
解説していきます。

活性酸素除去

活性酸素とは、増えすぎると老化や病気の原因となる危険なものです。

この活性酸素は、呼吸をしているだけでも発生しますが、
その程度であれば細菌から身体を守ってくれる作用もあるため、一概に害であるとは言えません。
増えすぎると害となるのです。

私たちの生活には、たとえ食生活に気を付けていたとしても活性酸素が増える要因が沢山あります。

汚染された大気、電磁波、ストレス、紫外線など、避けることが難しいものばかりです。

現代人は、活性酸素が害となってしまっている方が多いと言えるでしょう。

【大麦若葉】や【明日葉】の青汁には【SOD酵素(スーパーオキサイドディスムスターゼ)】
という成分が含まれています。

このSOD酵素は、活性酸素を除去する強力な作用を持っており、免疫力の向上や老化防止に役立つのです。

SOD酵素は、活性酸素による細胞の破壊や老化、免疫力の低下をくい止めます。

免疫力の向上、NK細胞の活性化、アンチエイジング、癌の予防、動脈硬化の予防、高血圧の予防、糖尿病の予防
などに効果があります。

他にも青汁で得られる効果の比較ランキングなどいろいろなサイトに効果の説明があります。

アルツハイマー病予防

中高年になって心配になってくるのが、【ボケ】です。

誰しもが、「歳をとってもボケたくはない」と思っているものです。

【ボケ】と一口に言っても、さまざまな種類があります。

加齢とともに記憶力が低下する軽度のボケ、アルツハイマー型認知症などです。

加齢が原因の多少の記憶力の衰えは誰にでもありますのでそれほど心配することはないでしょう。

しかし、アルツハイマー病となると深刻な問題となってきます。

アルツハイマー病は未だすべてが解明されているわけではありません。

しかし、生活習慣が関わっているのではないかという説があるようです。

栄養を補いながら、適度な運動を心掛け、ストレスの少ない健康的な生活をすることが大切なようです。

また、青汁に含まれる葉酸によって予防することが出来るとも考えられています。

この葉酸は、妊娠前や初期にも摂取が呼びかけられている重要な成分なのですが、
摂取が意外と難しい栄養素なので、効率よく摂取できるのは嬉しいことです。
現代人にオススメの青汁については、こちらのサイトをご覧ください。

年齢を重ねても元気で過ごせるように、日々の生活に気を付けたいものです。
青汁を毎日飲み続けると得られる効果は、http://www.markstriglradio.com/a01.htmlも参考になります。

Copyright© 2013 Knowledge of green juice All Rights Reserved.