青汁のタイプ・使い分け

ひとくちに青汁といっても、現在では星の数ほどの商品が出回っています。
もちろん原材料や期待できる効能などで差別化をはかっているものもありますが、
なかには「タイプ」によって差別化されている製品も見受けられます。
おいしい青汁の飲み方について解説しているサイトなんかもあります。

代表的な例として挙げられるのは下記の通りです。
●粉末タイプ
●冷凍タイプ
●サプリメントタイプ
●フリーズドライ

【粉末タイプ】
もっともポピュラーなのは粉末タイプであり、多くの製品は、これを水や牛乳に溶かして飲むことになります。
味を改良してある製品も粉末青汁に多く見受けられます。

外出先にも気軽に持ち出して飲めるという点が魅力的で継続した飲用に適したタイプだといえるでしょう。

【冷凍タイプ】
冷凍タイプの青汁は野菜から抽出したものを、文字通り冷凍したものを指しています。
新鮮な状態で製品になっているのが最大のメリットといえるでしょう。
栄養分も殆ど損なわれることなく配合されているのも魅力です。

とはいえ、解凍するのに時間がかかってしまうという難点があります。
ちょっとした手間や面倒が継続的摂取の妨げになってしまう事も多い為、購入する際は慎重に吟味しましょう。
お試しセットで試してみるのも良いかもしれません。

【サプリメントタイプ】
青汁の最大の問題点であった「味」を感じることがありません。
これまで苦味や味わいが原因で飲めなかったという人には最適なタイプです。
コップ一杯の水ですぐに飲めるという手間についての大きなメリットも兼ね備えています。

携帯性についても粉末よりさらに効率的になっています。
今、大きな注目を集めているタイプだといえるでしょう。

【フリーズドライタイプ】
青汁に含まれる豊富な栄養素を熱によって壊してしまう可能性のある従来の製法から、
大きく進化したのがフリーズドライ製法です。

一旦凍らせた後に真空で乾燥させます。
このシンプルな工程では火や熱を使う事がないので、新鮮で栄養豊富なものを飲むことが出来ます。

ちなみに、このタイプを飲む際は水などで戻す作業が必要になります。
こちらのサイト青汁製品タイプ比較の解説も大変参考になりますので、おすすめ致します。
青汁の原材料http://www.lesdessousdujeu.com/03_genryou.htmlによっても健康効果が変わるので、
自分に合った青汁を見つけてみてください。

Copyright© 2013 Knowledge of green juice All Rights Reserved.