注意すべきこと

厚生労働省が定める「一日当たりの理想的な野菜摂取量」では一日に野菜を350グラム程度食べるべきと言われています。
しかし、実際のところは日本人の野菜摂取量は平均すると280グラムを満たしていません。

このデータからもわかるとおり、現代人は慢性的な野菜不足に陥っています。
確かに、生野菜やサラダを毎日350グラム摂取するのは意識していても難しいかもしれません。

しかし、効率的に基準を満たすことの出来る方法もあります。

それが「青汁」の飲用です。
医薬品ではないため即効性はありませんが、様々な症状を改善することも出来ます。

副作用は一切ありませんが、服用するうえで注意するべき点はいくつか挙げられます。
ここでは、その詳細について解説しています。

過剰摂取は禁物

何事も「やりすぎ」は良くありません。
青汁をはじめとする食品の摂取についても同様です。
いくら健康に良いと言われている食材でも、過剰な摂取を続けていれば、いつか身体に悪影響を及ぼします。

例えば青汁の場合は、一日に何杯も何杯も飲んで過剰摂取ということになってしまうと、
必然的に食物繊維を摂りすぎてしまうことになります。

食物繊維は不足しても健康トラブルの原因になりかねませんが、摂りすぎも良くありません。
具体的には「ミネラル」の吸収を妨げることになるのです。

同様に、ミネラルも摂りすぎは禁物です。

常にバランス良く摂取することが望まれるミネラルは不足も過剰摂取も禁物なのです。
かならずパッケージや説明書に目を通し、適切な量の摂取を心がけましょう。

用法用量を守って飲用を継続することが何よりの成果実感への近道です。
青汁を飲み過ぎてしまった場合の副作用は、こちらhttp://www.ldhd.info/07huku.htmlも参考にしてください。

薬との併用は慎重に

心臓病などの際に用いられる医薬品のひとつに「ワーファリン」があります。
これは血栓などの病気を予防するためのものとして広く利用されています。

処方される際には医師から説明があるのが普通ですが、一般的にはワーファリンと青汁の併用は避けます。
これは、ビタミンKがワーファリンの作用を抑えてしまうということが大きな背景です。

この他にも薬によっては併用が出来ないものがいくつかあります。
不安な場合は必ず医師に相談するようにしましょう。
このサイト腎臓病の方の青汁飲用の注意の解説も、とても分かりやすくてお勧めです。是非ご覧ください。

Copyright© 2013 Knowledge of green juice All Rights Reserved.